2022年02月21日

はるはるの機転 〜カンボジアの子ども達との交流〜

先日、あるメールが届きました。





カンボジア国際交流プロジェクトの現地コーディネーターのソクティさんよりカンボジア国際交流プロジェクトが作成した副読本「SAKURA」を活用して、現地の子ども達を支援したいと・・・





学生たちが現地に行けない中、ソクティさんはボランティアの大学生数人と首都のプノンペンから車で7時間以上かけ、私たちの活動フィールドであるシェムリアップの小学校を訪問してくれるとの内容でした。






そして、今日、ソクティさんより、複数の写真が送られてきました。
「活動やっていますよー」という写真内容でした。







S__30130233.jpg

S__30130235.jpg








写真がたくさん送られている中、はるはるは、ひらめいたのです!!







「今日は、プロジェクトメンバーの会議があるから、現地と学生をつなぐことができる」と・・・







メンバーたちと共同で電光石火の勢いで準備を進め、あっという間にカンボジアと接続。







S__30130230.jpg







ちょうど小学校を訪問中のソクティさんに協力していただき、オンラインツールを通して子どもと直接交流することができました。







S__30130232.jpg

S__30130223.jpg






はじめてカンボジア人と交流した1年生メンバーは緊張しながらもとても笑顔でした。





S__30130236.jpg


S__30130239.jpg







メンバーたちは、子ども達の反応をみて嬉しそうでした。






S__30130238.jpg

S__30130223.jpg






リアルタイムでソクティさんから送られてきた写真。





S__57966644.jpg





たった10分くらいの短い時間でしたが、カンボジアの子どもたちの様子を生でみて、交流できたことはとても貴重な経験だったようです。







コロナだけど、できることはたくさんありそうですね。





S__30130243.jpg

S__30130242.jpg

S__30130244.jpg

S__30130245.jpg





では、またー。


posted by 管理人 at 20:26| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近のコメント