2017年06月07日

興動館科目の特徴「広島とハワイで学ぼう!めざせ国際人」「防災まちづくり実践講座」を例として及びOG来館



 Selamat malam.


 Comriap suo.


 こんばんは。ヤマティ@KDKです。




 今日は雨。



 広島もついに梅雨入りしたようです。



 これから一雨ごとに暑くなり、夏に一歩一歩近づいていくことになるでしょう。




 さて、タイトルでも表現しております「興動館科目の特徴」についてお知らせしようと思っているのですが、興動館科目について復習も兼ねて記載します。



 この科目では


 「人間力」


 を構成する4つの力(元気力、企画力、行動力、共生力)を養います。



 そして、人間力を養うために


 ・少人数

 ・双方向授業

 ・体や手を動かす

 ・フィールドワーク重視

 ・発表重視


 が4つの力に所属する科目に共通した特徴となっています。



 そして昨日、「広島とハワイで学ぼう!めざせ国際人」(共生力フィールド)において、


 ・体や手を動かす


 講義回を実勢していたので写真つきで紹介します。



 DSC_0040.jpg


 DSC_0056.jpg



 この科目は、広島とハワイの歴史的なつながりを学ぶことを通して、国際人として第一歩を踏み出すことを目的としています。


 この回では、ハワイアンフラのインストラクターをされているカマイレ氏のご指導の下、広島から渡った移民が出会った土着の文化であるハワイアンの文化を体験することで、ハワイアンフラの踊りだけでなく、動きの意味やハワイアンの多文化的歴史への理解を深めることを目指しています。


 通常は明徳館で行うこの授業も、今回は興動館4階の畳の部屋を使い、体を大きく使ってハワイアンフラを体験し、異文化理解を深めていました。



 そして、別の教室では



 「防災まちづくり実践講座」



 が国土交通省 太田川河川事務所の方にお越しいただいて


 「災害の危険性をどのように認識し、行動するか考える」


 ことをテーマに講演をしていただきました。



 DSC_0025.jpg


 DSC_0046.jpg



 この科目では、次週から今回の講演やそれまでの授業で学んだことを基に、



 実際、この祇園はどうなのか?



 を確認するための実地検証(・フィールドワーク重視)に入ります。



 以上のように、興動館科目では取り扱う内容は違えど、興動館科目の特徴を活かして様々な取り組みを行っています。



 これらの科目は学科・学年にしばられることが無いので、1年生から4年生までが活動することになります。



 つまり、科目担当教員をコーディネーターとし、半年間のプロジェクトを体験しているようなものです。



 もちろん、興動館プロジェクトもコーディネーターを担当教員と見立て、実践を通じて学びの必要性や重要性を知る意味では科目を履修しているようなものでもあります。



 こうした実践を重視した2つの学びで



 「人間力」



 を育てるのが



 興動館教育プログラム



 なのです。



 サークルに参加していてプロジェクト活動ができない学生も興動館科目で体験ができるので、ぜひ履修してみてくださいね。





 またお会いしましょう!


 sampai jumpa lagi!


 Comriap lia!




 【おまけ】



 昨日に引き続き、OGが遊びに来てくれました。


 DSC_0155.jpg

 ↑サクラ@元インドネシア国際貢献プロジェクト



 元気そうだねー。


 今日はバタバタしてて近況を聞けなかったので、次回ゆっくり教えてね。


 またおいで。



 以上!


posted by 管理人 at 21:25| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマティ@KDKの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント