2010年10月08日

仲良くなろうアメリカ大陸

こんにちは。KDKともやんです。
昨日の興動館科目「仲良くなろうアメリカ大陸 磨こう国際人として」にゲスト
としてクリントン・カーター氏をお招きし、「現代アメリカ社会とアメリカの理想 
そして人種差別」「アフリカン・アメリカンの文化と音楽」について話しをして
もらいました。

カーター氏はアメリカで教員をされ、現在は福山市で英会話教室の経営を
されており、ジャズシンガーでもあるそうです。

授業はカーター氏の英語を担当教員の徳永先生が通訳する形で進みました。
usa_1.jpg

人種差別の話しでは、「差別を無くすためにはマジョリティ(多数派)が
マイノリティ(少数派)を理解することが大切で、今は徐々にマイノリティ
を理解すること、一緒に何かをしていくことがクール(かっこいい)な時代
になっている。日本人もアメリカや外国に行けばマイノリティになるが、
恐れることなく日本人のアイデンティティーを大切にしてほしい」などの
話しや、「大学生活は3年生が岐路に立つ時期だと思う、その時にギブ
アップせずに頑張ってほしい」とエールをいただきました。

usa_2.jpg

usa_3.jpg

カーター氏の独特の雰囲気、口調に学生はすっかり引き込まれていた
ように感じました。私も30分程度で教室を出る予定でしたが、終了ギリ
ギリまで聞き入っていました。

ゴスペル演奏
usa_4.jpg

授業前の準備のときに挨拶をしましたが、いざというときに単語って
でてこないなぁ…と実感したと同時に、授業中に徳永先生、カーター
氏の英語でのやり取りを聞き、英語でのやりとりがある程度はできる
ようになりたいと痛感した、刺激的な一日になりました。

posted by 管理人 at 11:49| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント